Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマダ 電機 アートギャラリー 高崎駅東口 第4回

職人の染めと織り展
 伝統の技と究極の美
4月4日~10日 10~18時

16・04・08 (13)w

16・04・08 (22)w

16・04・03 (43)w

16・04・08 (3)w

第4回の丹後織元コレクションは、織りたての新作・織元ならではのきものアウトレット品・一点限りの見本反・試験反など驚きの価格で展示中です。是非お越し下さい。お待ちしております。
スポンサーサイト

紅葉の信州 きもの de贅沢 展示即売会

紅葉の信州 きもの de贅沢 展示即売会
10月17日(土)・18日(日) 和田宿 蕎麦や・徳田 
15・10・17 (11)w
15・10・18 (1)w
15・10・18 (5)w
15・10・19 (40)w
DSC_1883.jpg

今回の目的は和田宿(中山道)での、きもの撮影会と展示会、江戸時代にタイムスリップしたような街並みが素晴らしかったです。
標高1200mから1500mの紅葉が真っ盛りで、燃え上がる赤系の紅葉と色鮮やかな黄葉が絶妙な色彩で目をくぎ付けにしてくれます。

とっても不思議な帯なんです!

先日、入荷したこの帯 実は普通の帯ではないのです!!
こうろ染め帯


見るたびに なんとなく配色が違う?!と思っていたら本当に見るたびに色が確かに違うのです。
知ってはいましたが、本当に違いが判るのか半信半疑の私でしたが・・・
思わず納得してしまいました。それは、自然光(太陽の光)に照らしてみると一目瞭然です。
太陽の光に照らされた所は赤茶色になり、光の影になると深みのある緑色に変化するのです。
しばらくの間、光の中で移り変わる色の不思議に見入ってしまいました。

この帯の糸は、黄櫨染〈こうろぞめ〉と言う技法で染められています。
光によって色が変ると言う、不思議な染めです。
黄櫨染〈こうろぞめ〉は、天皇だけが身にまとう事のできる特別な染めだったようです。
現代だからこそ、味わえる特殊な染めです!
こうろ染め帯 №2

勝手な想像ですが、重要な祭事の際 人々の前に立った天皇が目の前で光の中で赤く変っていく様は
それはそれは、まか不思議な出来事だったのではないでしょうか?!
人々は恐れおののき、天皇の不思議な力を思い知ったと錯覚した事だと思います。

天皇は、この不思議な染を自分だけのものとし 黄櫨染〈こうろぞめ〉を利用して
国を治めようとしたのでは、ないでしょうか。

人を外見で判断するのは良くない!などと言いますが、やっぱり平安の昔から人は
外見に左右されていたのですね・・・

この帯の色の変化をじっと見ていると、現代の私でさえ不思議な気持ちにさせられます。
興味のある方は、弊社HPをのぞいて見て下さい。
                              店主
きもの直販㈱とまり 丹後ちりめん

やっぱり振袖は、良いですね!

きものと一口に言っても、
色々な種類のきものがあります。

中でも振袖は、華やかで良いものですね。
女の子の一番ステキな時を、最大限に引き出してくれる
アイテムではないかと思います。

お嬢様やご家族の方が、満足されて喜んで頂けると
こちらもうれしくなってきます。
幸せの、おすそ分けを頂いています

中でもとびきりのステキなお嬢様方をまずは、お一人。
今後少しずつご紹介いたします

以下の写真は、仮エバ(仮縫い)の振袖を試着したところです。
数ある振袖の中から、好きなものを選んで頂き
帯・小物を合わせてみます。


<お顔の方は、伏せさせていただきます>
振袖-akakuro1


「きものだけ見ていたときと、雰囲気が違う」
とのご本人の感想。
ほかの振袖も合わせてみました。
振袖-murasaki1


そして、もう一枚
振袖-siro1

「良くわかりました
ということで、決まりました。

三点のうち
どの振袖になったとおもいますか

白地の三番目の振袖に決定いたしました。
ありがとうございました。


弊社にも色々なご家族、そしてそのお嬢様がご来店くださいます。
最近は、お客様も三者三様で、きものの好みも人それぞれ。
10年ほど前までは、その年の売れ筋の色柄と言うのがあったのですが
今は、あまり無いように思います。
強いて言うならば、赤の地色の振袖は、世代を超えて時代に関係なく
愛されているようです。

洋服では、世代に関係なくどんな色でも着ることができます。
自由ですよね・・・当たり前の事ですね・・・しかし きものは、違います。
赤い地色のきものは、振袖しか着れません
どんなに若々しい方が着ても、はっきりいってステキではありません。
不思議な事ですが、きものには独特の色彩感覚
あるのではないかと思います。

しかもこの色彩感覚は、日本人独特なようです。
外国の方に、「赤いきものは、少し派手かとおもいますが・・・」
と説明した所で、判っていただけないと思います。

その時、自分の年齢に一番合ったきものを選ぶ事が
自分を、一番ステキに輝かせることが出来る

それが日本の意匠なのです。

もっともっと、私たちの日本文化を知って
きものを理解して頂けると、うれしいですね。。。

ヤマダ 電機 アートギャラリー 高崎駅東口

 はんなり キモノ collection 3.31(月)~4.6(日)
~きもの四季彩々~
春は花、夏流水、秋は鳥
冬雪さえて 季節を織り込む

14・04・03 (11)n2
14・04・04 (19)n2
14・04・03 (13)n2

第3回の丹後織元コレクションは、織りたての新作・織元ならではのきものアウトレット品・一点限りの見本反・試験反など驚きの価格で展示中です。是非お越し下さい。お待ちしております。

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

カブ トマリ

京都といっても、ここは、日本海に突き出た丹後半島。
毎日、波の音と機の音を聞きながら暮らしています。
機音と言うのは、白生地・帯などを織っている音です。
そんな、きものの生産地から直送で皆様にお届けしています!

日々のちょっとした出来事、心がほっこりする話など
ご紹介できたらと思います。



Extra

プロフィール

カブ トマリ

Author:カブ トマリ
京都といっても、ここは、日本海に突き出た丹後半島。
毎日、波の音と機の音を聞きながら暮らしています。
機音と言うのは、白生地・帯などを織っている音です。
そんな、きものの生産地から直送で皆様にお届けしています!

日々のちょっとした出来事、心がほっこりする話など
ご紹介できたらと思います。



最新記事

最新トラックバック

プロフィール

カブ トマリ

Author:カブ トマリ
京都といっても、ここは、日本海に突き出た丹後半島。
毎日、波の音と機の音を聞きながら暮らしています。
機音と言うのは、白生地・帯などを織っている音です。
そんな、きものの生産地から直送で皆様にお届けしています!

日々のちょっとした出来事、心がほっこりする話など
ご紹介できたらと思います。



FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。